感動する程の激変ぶりに思わずウットリ|二重の整形で夢のような毎日

女性

手術方法と手術後の経過

女医と看護師

腫れを抑えるコツ

二重まぶたの美容整形手術をしたあとは、まぶたの腫れや赤み、内出血などが1週間ほど続きます。腫れの程度は個人差があり、ほとんど腫れない人もいれば、数週間続く人もいます。腫れをなるべく抑えるようにするには、手術当日は入浴、運動、飲酒などを控えること、まぶたを触らないようにすることなどを守る必要があります。腫れがひどい場合は氷を入れた袋をタオルで包んでまぶたを冷やしておくのがおすすめです。また、就寝時は頭が心臓よりも高い位置になるように枕を高めにして寝ると、腫れを予防できます。腫れや内出血の度合いは、医師の技術力によっても左右されます。経験豊富で技術が高い医師が手術を執刀すれば腫れも内出血もほとんどないので、腕のいい医師を選ぶことも大切です。二重まぶたが希望のラインに落ち着くまでには、埋没法でも切開法でも1か月くらいはかかります。腫れがそれほどひどくない場合は、それまでの間仕事や学校がある場合は、アイメイクをしてごまかせます。しかし、アイメイクをするときに気を付けたいのがクレンジングです。クレンジングのときにまぶたをこすると患部のダメージになるので、なるべく擦らないようにやさしくオフすることが大切です。

人気の手軽な手術

二重まぶたの整形には、全切開法ミニ切開法埋没法などがあり、最も人気なのが埋没法です。埋没法は、いわゆるメスを使わないプチ整形の走りです。美容整形の分野においてプチ整形という言葉が普及するきっかけになったのは、埋没法が誕生したのが契機だと言われています。埋没法では、まぶたの中に極細の医療用の糸を通し、まぶたの中の筋肉を固定します。そうすると目を開けたときに二重のひだができて、生まれつきの一重まぶたでも二重まぶたになります。ナチュラルな末広型の二重にしたり、華やかな平行型の二重にしたり、自分の希望の二重ラインを作ることができます。手術をしたあとまぶたは腫れますが、それでもメスを使って行う全切開法やミニ切開オフよりもだいぶましです。中にはほとんど腫れない人もいます。糸を埋め込みますが、抜糸をする必要はなく、手術をしたあとの通院は不要です。料金は両目で6万円〜12万円ほど、腫れない埋没法手術の場合は10万円〜18万円ほどです。再手術無料の保証がついているプランになると、プラス2万円〜5万円ほど高くなります。無料保証があればもしも一重に戻ってしまっても無料で再手術ができます。そのため、保証付きのプランを選択しておいた方が、長い目で見てお得だと言えるでしょう。