感動する程の激変ぶりに思わずウットリ|二重の整形で夢のような毎日

女性

手術の種類と特徴

微笑む女性

目ヂカラをアップする手術

生まれつき細い目や小さな目を大きくできるのが目元の美容整形です。目元の美容整形には、埋没法全切開法ミニ切開法などの二重の手術や、目頭切開や目尻切開、眼瞼下垂などの目の面積を大きくする手術などがあります。二重まぶたの美容整形で一番簡単にできるのが埋没法(クイック二重)です。埋没法では、切らないで一重まぶたや奥二重まぶたをくっきりした二重にすることができます。メスを入れないので腫れや出血が少なく、料金もリーズナブルなプチ整形です。手術に抵抗がある人でもチャレンジしやすいので、多くの人が埋没法で二重になっています。切る手術で二重にするには全切開法やミニ切開法があります。全切開法は幅広の二重になりたい人や、半永久的な効果を望む人に人気の整形手術です。手術をすれば、くっきりした外国人のような目元になります。ミニ切開法は全切開法よりも切開の範囲が狭く、埋没法だと元に戻ってしまう人にお勧めです。目頭切開は離れている目を中央に寄せることができます。目尻切開は逆に中央寄りの目を離すことができます。どちらも目の横幅が広がるので大きく華やかな印象になります。眼瞼下垂は余分な垂れたまぶたを切る手術で、目の縦幅が広がります。

埋没法の注意事項

二重まぶたの埋没法をしたあとはまぶたが腫れた状態になります。腫れについては個人差があり、3日くらいで引く人もいれば、7日くらい続く人もいます。埋没法でも複雑でしっかりした手術になるほど腫れやすくなります。腫れを抑えるには、なるべく安静にして過ごすこと、飲酒、運動、入浴などは当分控えることが大切です。また、コンタクトレンズをすると患部に負担になるので、手術から3日くらいは裸眼で過ごす必要があります。埋没法は手軽にできる反面、もとに戻りやすいという特徴があります。もとに戻るかどうかは、手術の方法や過ごし方に左右されます。1点止めの場合は、まぶたの脂肪が多い人だと取れやすい傾向があります。取れるのが不安な場合は、2点止めの整形手術がおすすめです。ただし、同じ手術をしてもすぐ元に戻る人もいれば、20年30年と長持ちする人もいます。埋没法は糸で筋肉を止めているだけなので、なるべくまぶたに刺激をあたえないように注意をする必要があります。目元を無意識に擦る癖がある人は、利き手のほうの目だけ一重に戻ることがあります。保証がついているプランがあるクリニックで手術をすれば、保証期間内に一重に戻っても二度目の手術は無料でしてくれます。